Luna Cables

現在Luna Cablesの全ケーブルの無料試聴機貸出を行っています。FAX・メール、またはお近くの販売店経由で申し込めますので、是非皆様この機会にLuna Cablesの世界をご体感ください。尚、貸出には運転免許証等の身分証明書コピーの送付が必要となります。その他注意事項も必ずお読みください。

無料試聴機貸出依頼フォームはこちら…

自社開発のNeo Vintage銅導体を使用したカナダ・ケベック州の新生ハイエンドオーディオケーブル

History

Luna Cableは2015年にErik Fortier(エリック・フォルツィエ)氏とDanny Labrecque(ダニー・ラブレッキュ)氏の若い二人によって設立されました。

二人が同じモントリオールのハイエンドオーディオ店で働いていた時にDanny氏がErik氏に自作のケーブルの視聴感想を求めたのがきかっけとなりLuna Cable設立に至りましたが、初めてDanny氏のケーブルを試聴したErik氏はその美しい音楽表現力に衝撃を受けたと言います。

Danny氏は4歳からバイオリンを始め、ウッドベース、エレキギター、アコースティックギター、ドラムを演奏する音楽家でもあり、その感性を頼りに試行錯誤を行い1本のケーブルを創り上げました。

Erik Fortier氏(左)とDanny Labrecque氏(右)

Luna Cableを設立した彼らには一貫した信念があります。それは

「The Lessons of the past hold great value」

「先人の知恵には偉大な価値がある」

古き良きオーディオ機材には現代のオーディオには無い良さがあり、ケーブル作りにおいても先人の知恵を随所に取り入れながら彼ら独自の導体「Neo Vintage銅導体」を完成させました。

設立後から5年後の現在、Luna Cableはカナダ・ケベック州で74エーカーもの広大な草原に佇む19世紀に建てられた家屋で全てDanny氏の手作りで製造され、そのナチュラルで音楽性が非常に高いケーブルは、多くの有名音楽家の自宅オーディオシステムに採用されているだけでなく、モントリオールオーケストラをはじめとする様々な録音現場でも使用されています。



Technology

独自開発Neo Vintage銅導体

Luna Cable最大の特徴であるNeo Vintage銅導体。

北米地域でも珍しいビンテージ加工機

ビンテージケーブルの音の良さに着目したDanny氏とErik氏が長年研究を重ね、現代ならではのエッセンスも配合しビンテージの良さと現代技術の優れた部分を融合させた独自の導体を開発。さらに銅線加工は実に120年以上前のビンテージ加工機を使う事により、現代の最先端加工機では出せない音楽表現力を得ることができました。

まさに「先人の知恵には偉大な価値がある」という彼らの信念に基づいた唯一無二のケーブルです。


ROUGE Speaker Cable
Natural Material

人工的な化学物質は特有の不快な音の原因となることから、Luna Cableに使用されている素材は可能な限り自然素材を使用しています。

コットンジャケット染色作業を行うDanny氏

導体の絶縁にはシルク・ワックスドコットン・バーニッシュ・天然ゴム等を使用し、ケーブルの外周ジャケットにもコットン素材を使用。更には外周ジャケットに使用する染料に含まれる化学物質も音質に影響を与えることから自社で染め作業を行うという、徹底した音質追求を行っています。

このこだわりがLuna Cable独特のナチュラルで聴いていて音楽が心地よい音に表れています。



Craftmanship

完成したNeo Vintage銅導体はDanny氏によって撚線へと加工され、ケーブルとして完成するまで全てDanny氏によって手作りで製造されています。

Luna CableにはDanny氏の音楽家としての完成が全て詰め込まれています。

Luna Cables Enthusiasts

Montreal Symphonic Orchestra with Kent Nagano
Jean Leloup
Bobby O’Malley