TEDESKA

ドイツ・ベルリンのクラシックギター演奏者が創り出すフォノカートリッジ

 

 

History

TEDESKAのカートリッジは全て創設者Hyun Lee氏により手造りで製作されています。Hyun氏は12歳の時にギターを始め、プロフェッショナルとしての腕を極める為、愛用の高級クラシックギター “Antonio MarinMontero”を1本抱え1994年にベルリンの地へ降り立ちます。

以後、プロのクラシックギター演奏者として活躍する一方、当時のベルリンで盛り上がっていたアナログレコードの収集を始めたHyun氏。しかし大金を出して組んだアナログシステムの音に落胆し、更に幾つものカートリッジの針が飛ぶという災難に見舞われます。

高額な修理代を支払ううちに、「自分で直せないか?もっと音の良いカートリッジを自分で作れないか?」と思い始め、数百の失敗を経てようやく一つのカートリッジを完成させます。蓄積したノウハウを基にEMTカートリッジの修理工房も営んでいたHyun氏は遂に2015年にTEDESKAを設立。

「高級ギターもそれ単体では必ずしもいい音を奏でるとは限りません。そこにはそれを演奏する演奏者、他の楽器とのハーモニー、更には会場のオーディエンスすらも重要となります。カートリッジも同様で、他の機材との最高の組み合わせに巡りあえた時、オーディオシステムとして最大のポテンシャルを発揮し、聴く人の心を動かします。TEDESKAはそのお役に立てるカートリッジでありたい。」音楽家のエッセンスをカートリッジに吹き込んだHyun氏はそう願っています。

 

 

 

カスタムサービス

TEDESKAでは様々なトーンアームに対応するカスタムカートリッジも製作が可能です。

ステレオ一体型カートリッジコネクタ例。
全ての一体型モノラルカートリッジはDiamond (A) とSquare (B)トーンアーム接続に対応可能。
ステレオ一体型カートリッジコネクタ仕様例。
オルトフォンRF297 RMA297, EMT997 EMT929, Neumann ZA等に対応