FLCD THREE S

AUDIA待望の新型CDプレーヤ

実に1年以上の徹底的な音質チューニングを経て、遂にFLCD THREE Sが登場しました。

AUDIAの真骨頂である強靭な電源部は2つのトロイダルトランスを使用。アナログ基板には58VA、デジタル基盤には36VA トランスを専用に使用。

フルバランス回路・A級ディスクリート電流帰還回路・L/Rそれぞれ独立したDACチップの使用・AUDIA独自設計のDACモジュール搭載等、様々なAUDIAならではのノウハウが凝縮した「音楽を届ける」CD専用プレーヤーです。

注:FL CD THREE SはCD-R、CD-RWには対応していません

特長

● 電源へのこだわりとして電源供給には2つのトロイダルトランスを使用。アナログ基板には58VAトランス、デジタル基板には36VAトランスを専用に使用し、システム全体としての音質を飛躍的に高めています。

● 回路は全てフルバランス回路となっており、出力段はAUDIA伝統のA級ディスクリート電流帰還回路を使用。AUDIAならではの音楽表現力を発揮します。

● DACには高音質で定評のあるAKM4493EQを採用。更に各チャネルそれぞれに専用のAKM4493EQを使用することによりDACチップ内チャネル間のクロスフィードを完全排除。

● メイン供給電源はアナログ出力段に2 x 50V/18,000μF、デジタル段に1 x 35V/10,000μF、そしてDAC/アナログ段に1 x 35V/10,000μFコンデンサを使用。

● 6つのデジタルフィルタを搭載し、様々なインパルス応答パターンを任意に選択可能。その内の一つは初代AUDIA Flight CD1のフィルタ波形も忠実に再現。

● デジタル入力は 2 x光、1 x AES/EBU、1 xSPDIF、 1x USBを標準搭載。USB入力は384kHz/32bit PCMとDSD512まで対応可能。


仕様

周波数特性 (-3 dB):  0.5Hz~20kHz (±0.1dB)

アップサンプリング(デジタル入力のみ): 768kHz/32bit

ダイナミックレンジ: 126dB

THD: +ノイズ: >0.01%

ノイズ: >-113dB

最大出力電圧: 2.5Vrms (RCA), 5Vrms (XLR)

出力インピーダンス: 240Ω(RCA), 480Ω(XLR)

デジタル出力: PCM/SPDIF

定格/スタンバイ電力消費量: 30W/0.5W以下

外寸:  450 x 110 x 430mm (WxHxD)

重量: 10kg

付属品: リモートコントローラ

標準価格:¥460,000(税抜)


デジタルボード

USB x 1 (384kHz/32bit, DSD512対応)

光デジタル入力 x 2

RCA入力( SPDIF) x 1

XLR入力(AES/EBU)x 1


デジタル入出力仕様

デジタル入力:

光デジタル x 2

入力信号形式:32kHz~192kHz/16-24bitリニアPCM

RCA(S-PDIF)  x 1

入力レベル:0.5Vpp

入力インピーダンス:75Ω

入力信号形式:32kHz~192kHz/16-24bitリニアPCM

XLR(AES/EBU)  x 1

入力レベル:3-10Vpp

入力インピーダンス:110Ω

入力信号形式:32kHz~192kHz/16-24bitリニアPCM

USB  x 1

入力信号形式:32kHz~384kHz/16-32bitリニアPCM

                        DSD 2.8MHz, 5.6MHz, 11.2MHz, 22.5MHz

デジタル出力:

RCA  x 1

出力レベル:1Vpp

出力インピーダンス:75Ω

入力信号形式:32kHz~192kHz/16-24bitリニアPCM


Windows用DACドライバ

FLCD3S Windows用DACドライバ