AUDEL

イタリア・シチリア島のスピーカ日本上陸

History

2008年にイタリアのシチリア島で設立されたAUDEL社。
創設者の建築家Walter Carzanは音楽と産業デザインの融合を模索し様々な斬新なスピーカを世に送り出してきました。

音響工学的アプローチも独創的で、独自の特許技術CTL(Composed Transmission Line)の開発や、2018年には新たなIRS (Internal Rib System) システムの特許も取得。

最新のモデルに搭載されているIRSシステムはキャビネット剛性の強化と内部定在波の発生を抑制し、SB Acoustic/Seas社の高性能ドライバとの相乗効果で低音域から高音域に到るまで破綻を招く事なく大変に優れたトランジェント特性と、プログラムソース本来の音色を損ねることの無い、非常に高音質で高表現力なスピーカーシステムに仕上げられています。

Technology

Birch Plywood Enclosure

AUDELの全てのスピーカのエンクロージャはバーチの積層材が使われています。

Walter氏のデザイン美学はもちろんの事、バーチは音響的にも優れており、また密度の違う幾つもの板を使用する事によりエンクロージャの振動を打ち消す効果があります。

更にウーファとツイータ設置部分には36mm厚の板厚を持たせ剛性を確保。美しさと高音質を両立させたスピーカが誕生しました。

IRS (Internal Rib System)

建築家のWalter氏が建物の強度を増す為やオーディオルームの音調材として使用されるブレースに着目し、
スピーカ内部にリブ加工を施した特許技術IRS(Internal Rib System)を開発。
内部リブがエンクロージャの剛性を飛躍的に高め共振や振動を抑えると同時に内部の定在波の発生を抑制する事により、低音域から高音域に到るまで破綻を招く事の無い優れたトランジェント特性と、プログラムソース本来の音色を損ねることの無い、非常に高音質で高表現力なスピーカーシステムに仕上げられています。
IRSシステムはSonika mk2、Magika mk2、Malika mk2に採用されています。

Craftmanship

AUDELの全てのスピーカは様々な工程を経て9日間で製作されます。
何度もヤスリ掛けを行い表面の質感を高め、最後に5日間という日数と手間をかけて幾層もの蜜蝋ワックス掛けを行います。
AUDELのスピーカはこうしたシチリア島の木工職人達の手によって全て手作業で作られています。

Day 1

専用機械による精密なバーチ材の切り出し

Day 2

切り出したバーチ材を幾層も接着し、エンクロージャーを製作

Day 3

ヤスリ掛けと面取り作業を行い、表面を極限までスムーズに

Days 4–8

5日間かけて蜜蝋塗りの作業。

次社の独自技術による塗装作業を行い、高級イタリアン家具の様な素晴らしい質感を与えます。塗装作業の詳細は一切非公開となる程のノウハウが詰め込まれています。

Day 9

ユニットの取り付け、内部配線、品質管理検査を行いようやく一つのAUDELスピーカが誕生します。


 

 

AUDEL展示導入店一覧(2019年10月現在)

福島県
のだや郡山本店:Sonika mk2

東京都
オーディオユニオン アクセサリー館:Magika mk2(AUDIA FL3Sとの組み合わせで試聴可能)
オーディオユニオン 新宿店:Nika mk2 (AUDIA FL3Sとの組み合わせで試聴可能)
スカイラ:Sonika mk2



千葉県
オーディオユニオン 柏中古センター:Magika mk2


茨城県
オーディオ南海アネックス水戸:Nika mk2





AUDELの総合カタログダウンロードはこちら…